日本 に 未来 は ある か

Add: ybywuxow6 - Date: 2020-12-16 04:08:15 - Views: 173 - Clicks: 5333

資本家と労働者の資産格差は平均で1,000倍程度になる 7. 人口のほぼすべてが東京に集中している 4. 竹中平蔵氏が抱える心の闇。日本が日本であることへの不信と絶望 57,300 views; 年末に大混乱か。「故意に」コロナ拡大狙う菅政権の緊急事態再宣言 41,100 views; 菅総理は牟田口か。コロナ下の東京五輪は「令和のインパール作戦」だ 39,700 views. 日本の若者は国の未来をどう考えているか? 先日、「 国や社会を変えられると思う若者は5人に1人 」というニュースを見ました。 これを見た後、クセでネタ元を見てみました。. 6haなら人件費抜きでようやくトントンという農業以外の収入をもってようやく農業を続けている状況なのである。 日本 に 未来 は ある か ちなみに、人件費も含めて田んぼ経営が黒字に転換するのは5~10haで1. GDPは世界20位程度に後退する 2. インターネット検索は今以上に使われている 2.

快楽と堕落の正当化 5. BAKER III INSTITUTE FOR PUBLIC POLICY. 為替は1ドル300円前後 5. 匿名掲示板は今以上に使われている あるイスラエル人が第二のウェブ空間「アバター」のプロトコルを発明し、アバター空間の開拓が始まる。 技術 1. . ある自動車会社が破産する 6.

燃料の備蓄性が高く、準国産エネルギーとして国のエネルギー自給率向上に寄与する。 ● 1. 若者はみんなアニメを見ている 3. 4 日本 に 未来 は ある か 未来館にはどんな「音」がある? 音を感じる展示ツアーでの発見(田中 沙紀子). これからは、日本の農業をどのように変えていったらよいかを考えていきたい。 そもそもこれまで見てきたように、日本全体の農業生産額が8兆円程度であることを考えると、現在の日本の農家戸数、約250万戸というのは多すぎる。戸数の平均売り上げを500万円欲しいとしても160万戸、1000万円を目標とするなら80万戸というのが妥当であろう。戸数が減るということは自然と一戸当たりの耕作規模は大きくなるということである。 なぜ規模の拡大が必要か。農水省の「米生産費調査」に信じられないデータがある。このデータは米60kg当たりの生産費用を作付け規模別に調査したものである。米60kgの平均落札価格はコメ価格センター調査で約14,000円であるのに対し、生産費は作付け面積が0. 日本 に 未来 は ある か 全国の7割の地域から人が消えている 4.

原子力発電のデメリットとは何か。第一には事故のリスク。原子力発電所では多種多層の安全対策が実施されているが、リスクは「ゼロ」にはなり得ない。 第二に高レベル放射性廃棄物の課題がある。技術的には地層処分(「物質を閉じ込める力」を持っている地下深部の地層に埋設すること)が国際的に妥当とされているが、処分場所は決まっていない。 第三に、潜在的リスクとして核物質の兵器転用や、テロに悪用される可能性を指摘しておく必要がある。これを防ぐために「核拡散防止条約」や「核物質防護条約」等の国際的な枠組みがあり、国内的には「原子炉等規制法(炉規制法)」による管理・規制が行われている。 こうしたリスクは原子力技術の利用を継続する限りゼロにはできない。そのため、原子力発電所のリスクがどの程度であれば社会的に受け入れられるのかという「安全目標」を社会で共有することが必要となる。まず関係者間で安全目標の共有に向けた議論を行い、それをわかりやすく国民に提供することが必要だろう。そのうえで、原子力技術に関するリスクを低減するためにさらに求められることを下記に整理したい。 (1)事業者の自主的安全性向上の仕組み 今後日本が原子力発電の利用を継続するとしても、二度とあのような原子力災害を起こすことは許されない。事業者に求められるのは、一にも二にも、原子炉を安定的に安全に運営する能力である。 この能力の有無は一義的には新規制基準の適合審査によって担保される。東電福島事故を経て、規制組織は抜本的に見直され、新たに策定された新規制基準は「世界で最も厳しい基準」と謳うたわれている。確かに各発電所のリスク評価を見れば、安全性が高まったことは確かであるし、規制機関および事業者が東電福島事故に何を学び、どう改善したのか、しようとしているのか、国民にもぜひ関心を持っていただければと思う。 しかしそれで十分なのであろうか。規制基準をクリアすることは、安全対策のゴールではない。東電福島事故においていまだ規制基準違反があった事実などは確認されていない。それでも事故を防げなかったことを考えれば、規制基準をクリアすることを「最低限度」と捉え、発電所の安全に一義的な責任を負う事業者が安全性向上に向けて不断の努力を講じること、それが事業者の「努力」に委ねられるのではなく制度的に担保されていることが必要だ。事業者の自主的な安全. 「日本の学位取得者が増加傾向である韓国(284人)の半分以下の水準に落ちた」と警告しました。 直ちにノーベル賞をいくつか取ることが重要なのではなく、アジア内の独歩的「科学技術強国」である日本の礎が揺らいでいるという危機感です。. 私たちは毎日食事をしている。しかし、それをつくりだしている農業については、あまりにもモノを知らなすぎる。その農作物がどこでつくられているか、誰がつくっているか、いくらで買われているか、農家の生活はどうなっているか。食料自給率は40%が当たり前になり、食品の値段が上がった後で家計が厳しくなったと嘆く。 日本の農業は、危機的な状況にある。このままでは、日本の農作物は食卓から無くなっていき、また、食料物価はとてつもなく高騰することは間違いない。本レポートには、日本の農業に少しでも興味をもらいつつも、わかっていながらも進展がない農業改革を少しでも前に進めたいという思いを込めている。魅力ある日本の農業へと、皆さんと一緒に変えていきたい。. 年、日本の総人口は1億1000万人を切り、労働人口は現在の6500万人超から5400万人近くまで減少するといわれている。なぜ日本は、急速に人口. 日本の未来に影響するポイントは次のとおり。 1. 当時の政治的議論を紹介したものとして、「憂国の原子力誕生秘話」(後藤茂 エネルギーフォーラム新書)などがある。 注2) 1. ほとんどの大人は分数の足し算ができない 4. なぜ日本の農業は衰退しているのであろうか。私は根本的には、農業従事者の問題であると考える。それは、工夫をし、頑張ろうという農家が現状では少なすぎる。また、その日本の農業を変えていく担い手になるであろう新規農業従事者がほとんどいない。それは、端的にいうと、日本の農業は魅力がないのである。もっと具体的にいうと、日本の農業は儲からないから、本気で本業として取り組むのではなく、会社仕事の合間でする(せざるをえない)のである。 日本の農業は本当に儲からないのか。まず日本の農業の現状を見ていきたい。 年の農業生産額は8.

社会イノベーション:日立 | aiを活用して年の日本の未来を描き出す。社会構想に知見のある京都大学と、ai技術をもつ日立は、持続可能な社会を実現するために産学連携で研究や社会実験に取り組んでいます。. 軽犯罪が増加している 3. 最後に、こうした時代状況の中での今後の展望として、「多極集中」というコンセプトについて述べておきたい。 近年の東京圏への人口流入ということが話題になっているが、しかし他方で、札幌、仙台、広島、福岡といった地方都市について見ると、これらの都市の人口増加率はかなり大きく、中には福岡のように東京をしのぐケースも見られるという事実がある。年から15年の人口増加率は、東京23区が3. 震災前原子力は、エネルギー政策の3Eすべての点において強みを持つとされた。具体的に挙げれば下記の通りである。 ● 1.

市場の中心が小売から流通に変わる 11. 仮想通貨はなくなっている 5. なんくるないさーブーム 3. 大人のほとんどは小数の割り算ができない 10.

7兆円)になるのである。この金額には、生鮮品だけでなく、加工品や外食での金額も含まれるが、ここには農家ではなく、流通業界や、食品産業に大きなお金が落ちているということが如実に現れている。実際の金額とは違うが、たとえば最終的に1杯800円のざるそばで考えてみよう。そばの実の買い付け段階で、農家には60円が支払われる。それがそば工場に納入されるときには80円になり、そば工場で加工されそば麺として飲食店に納入される際には300円となる。そして、それが800円のざるそばとして食べられているというイメージである。加工品でなくたとえば米であったとしても、茶碗1杯150円のご飯は、農家に渡るのは15円、消費者に売られるときには24円のものなのである。 何が言いたいかというと、農と食は完璧に切り離された産業になってしまっているということである。1975年には飲食費総額が31. 東京でテロ行為が少し広がっている 2. 万一この「試算」通りに推移したとして、その後に待つのは暗い未来である。. 令和の日本は、これまで世界が経験したことのない極めて深刻な人口減少・少子高齢化に見舞われる。日本全体で人口が万人減ったその時. 大企業があいついで倒産する 10.

リーマンショック以降、世界中で富の格差が広がりました。 ではこれから先、格差の未来はどうなるのか? 実は年代に入ると富の格差は. 格差と子ども・若者をめぐる持続可能性:貧困世帯の割合が90年代半ば以降着実に増加している一方、子ども・若者への政策的支援が国際的に見て極めて手薄である。 3. 日本未来学会 ホームページへようこそ!現在会員募集中!ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください・・・ 日本未来学会は、1968年、未来予見のための学問的可能性の追及を目指して設立されました。. 沖縄県の名称が沖縄特別区になる 6. 沖縄が大阪以上の経済中心地になっている 年中頃、沖縄の県別GDPが愛知と大阪を抜いて、東京に続く大都市になる。この頃、米軍はすでに完全に撤退している。 大阪と愛知(名古屋)は衰退し、土地価格は現在の三割程度になっている。東京の土地価格は現在と同程度の水準に維持されている。 社会 1. 凶悪犯罪が増えて治安が悪くなっている 3.

極度に快楽主義的になる 2. 年頃に財政は破綻し、社会保障制度は完全に壊れるでしょう。しかし国民の私生活は平和で、治安は継続的に良くなります。なぜなら高齢者しかいない世界だからです。少子化による財政破綻は日本が世界初で、おそらくいくつかの国も10〜20年遅れで破綻します。 世界の経済評論家はだいたい次のような判断をしますが、それが日本にとって致命的になるでしょう。 「日本はあと10年で破綻する。少子高齢化の影響で60歳以上の人口は50%になるだろう。消費税を20%にしないと破綻は5年に縮まる」 出生率の問題よりも、20〜40代の海外流出のほうが厄介になる時期がきます。年齢分布の偏りは厄介な双子の兄弟をもつのです。それが知的労働者の人口減少。 世界はいつも鈍感気味に動くので、この警告を無視して日本の財政問題を解決しようとします。そして日本がいつまでも移民政策をとらない頑固さに疲れ、消費税の増税に依存したまま最悪のデフォルトをむかえます。 世界史はいつも人間の移動が中心にあります。21世紀は先進国の知的労働者が大移動を始める世紀ですが、ほとんどの人はそこに気づいていません。2100年の教科書には「少子高齢化による財政破綻を前にしたグローバルな大移動」と適当な見出しをつけられるでしょう。 なぜ人間が移動する未来を見ぬけないか? 未来を予測することは狂気じみているし、現時点でばかげているから。そして移動が世界史の本質だとそもそも知らないから。 途上国の経済発展と民主化、空輸技術の持続的発達、そして先進国の末期的空気がからみあって、知的労働者の大移動を起こします。日本では年頃から一気に進むでしょう。 知的人材の空洞化が進むと、次は政治の硬直と右翼の台頭です。世界史はつまるところ知的階級の進歩主義とそれ以外の対立ですが、日本はそのバランスが崩れることで政治的な危機が訪れ、社会保障がまず壊れ、続いて通貨が壊れます。この未来を回避する方法は存在せず、すべての解決は個人に委ねられます。. 火星に別荘と豚小屋が並んでいる 4. ほぼすべての都市で悪臭がする 5. 「韓日関係が悪化し、韓国が韓日米三角同盟から離脱すれば、日本の生命線、安全保障ラインが休戦ラインから両国間の海峡に下りる可能性もある」 韓日葛藤の長期化が日本の安保フレームまで揺るがす恐れがあるという主張が提起された。. 実は、1980年代に日本の柔道界は、分裂の危機に陥っている。学生柔道連盟が全柔連を脱退するという紛争が勃発したからで、4年間の紛糾ののちに結果的には家元である講道館と、もともと講道館を母体として設立された競技組織である全柔連の組織を、きっちり分割することを中心的な条件として、両者は和解した。 ところがその後、全柔連会長の上村春樹氏が講道館長をも引き継いだため、両組織の権力分割は有名無実となった。競技においても、事故に対しても速やかな対応ができなかったり、闊達(かったつ)な議論が行われない主な理由は、ここにある。使途不明金の存在も、報道されている。権力の独占が解消されることが、危機を乗り越える鍵として注目されている。 一方、現在の危機にもかかわらず、日本では毎日のように大会があり、稽古は全国で盛んに行われている。指導者の人材にも事欠かない。組織の刷新が断行されれば、柔道界は危機を克服すると、筆者は信じている。 (年3月13日 記). 地球環境の悪化は、18世紀の産業革命以降じわじわと進んできましたが、急速に悪化し始めたのは1970年代以降のことであり、わずかここ50年間の.

完全自動運転は実現されていない 4. 日本の農政は迷走している。農林水産大臣の相次ぐ辞任、大規模農家育成に注力すると思いきや、選挙での大敗を受け、小規模農家への保護政策、資源高騰への場渡り的対策、米買取価格の突然の値下げ。JAは農業外部門が農業部門を支える構造になっていただ、農業外部門の収益悪化を受け、農業部門への手が回らなくなってきている。 もう農水省やJAに任せっきりでは限界がある。私は日本の農業の明るい未来を切り拓くのは、地域であり、地域農業を支える農家であると考えている。もちろん、日本の農業を真剣に考える農水省の関係者や、農産品のブランド化や輸出など意欲的に取り組みを続けるJAもある。そのような方々には、引き続き頑張っていただきたい。しかし、もうそろそろ日本の農業の将来ビジョンを具現化しなければならない。それをできるのは地域しかないのである。地域の農家、住民、行政が一体となって立ち上がればその地域だけでも確実に変わる。ビジョンは全国一律に描けても、それを具現化するのは、地域単位で人々が立ち上がった地域しかできないのである。 その地域としては、まず中山間地域が立ち上がらなければならない。限界集落など現在中山間地の未来は暗いものが多い。その中山間地の唯一最大の資源は農業である。中山間地の未来を切り拓くためには、農業が必要不可欠なのである。そして、その農業の未来が変わらなければ、中山間地の未来も変わらない。 私の故郷は、島根県の奥出雲町という典型的な日本の中山間地である。仁多米という5kg3500円で小売りされるブランド米を持ち、農業先進地域として知られているが、それでもなお明確な農業の将来は見えていない。私は使命として、この地域から日本の農業の将来を実現したいと考えている。小さな小さな地域かもしれないが、もしこの地域で日本の農業の将来を具現化することができれば、真似をしてもらいながら、全国へと広がっていくはずである。本レポートはこれで終わりであるが、この地で日本の農業の将来が切り拓かれたとき、また皆様にご報告したいと思う。 日本の農業の明るい未来を願って。. 「平成ネット史」の最重要人物、ひろゆきへの独占インタビュー最終回――。ひろゆきはなぜ「日本の未来」を憂うのか. 新しいタイプのソーシャルメディアが生まれている 3. 火星からエネルギーと食料を輸入する 一方、サービスを中心に考えるとこうなります。 1. 日本の総人口は、現在約1億2600万人。 年をピークに減少に入りましたが、65歳以上の高齢者数は増え続け、年には3657万人、年には3878万人.

1%)。 日本の農業が儲か. 5haという大きな差があることがわかる。この背景としては、そもそも耕地面積が日本は400万haしかないのに対し、米国38,598万ha、イギリス1645万ha、ドイツ1716万ha、フランス2827万haと根本から違うことと、農家戸数は日本が247万戸あるのに対し、アメリカ219万戸、イギリス24万戸、ドイツ55万戸、フランス74万戸と農家の数が多いという現状がある。つまり、耕地面積が少ないのに対し、農家の数は多く、結果として一戸当たりの耕地面積は小さくなる。耕地面積が小さいとそもそも生産額が少なくなるばかりではなく、経営効率も悪くなり、諸外国と比べると、圧倒的に悪い経営環境にあるといえる。 また具体的な農業所得から見てみると、年で1日一人当たりの所得が製造業で18,557円あるのに対し、農業は5,118円しかない。ちなみに1965年では、製造業が1,472円に対し、農業が1,148円と今ほど差があるものでなく、金銭的にも魅力のある仕事であったといえるだろう。(産業別就業者割合/1965年・第1次産業24. 男女の経済格差が進む 日本 に 未来 は ある か 8.

文化の画一化 4. 福島復興の加速や福島第一原子力発電所の廃炉の着実な進展は大前提であるし、人材育成や技術の維持も大きな課題である。わが国の「原子力に未来はあるか」という問いに答えることは容易ではない。 そもそも、脱炭素化に向けた政策的措置と低コスト化によって、再生可能エネルギーに投資が集まり、自由化市場に置かれる従来型電源はその維持が難しくなる。蓄電技術が相当な進歩をするまでは再生可能エネルギーの調整役を果たす電源が必要であり、従来型電源が淘汰されるに任せておくわけにはいかないのではあるが、従来型電源の中でも原子力は柔軟性の価値に乏しい。電化の進展により電力需要がどこまで増えるか、再生可能エネルギーがどこまで拡大するか、そして従来型電源の中で火力発電と原子力発電のどちらがどれほど社会に必要とされるかで原子力の未来は変わってくる。 原子力発電を利用しないことによるリスクと勘案して、当面は利用するということであれば、徹底してそのメリットを最大化し、リスクを最小化すべきであるし、その上で、依存度の低減という「撤退戦」をどう進めるかを考えなければならない。「無くなれ」といえば無くなるわけではないので、役割を終えた原子炉については安全にかつできるだけ国民負担をかけずに寿命を終えさせることを考えねばならない。 また、当面わが国が原子力発電を利用するのであれば、その担い手に「原子力事業を担う資格」を厳しく問わねばならない。資格を問うということは、現状のように過大な事業リスクを事業者に負わせることではない。安全対策がどこまで求められるかの予見可能性に乏しい規制活動、選挙のたびに脱原発を争点に掲げ政争の具にされる不安定性、訴訟による稼働停止リスクを事業者に負わせている現状は、社会がその技術を利用する上で健全な状況とはいえない。むしろ担い手については適切な篩にかける、あるいは体制を再構築した上で、事業環境を整備し、事業者が原子力発電所の安全性向上に専心できるようにすべきではないか。 わが国の原子力に未来はあるか、という問いは、我々社会の覚悟を問う問いでもある。 注1) 1. 途上国の発展で食料不足 3.

なぜソニーは好調なのか?「選択と集中」という幻想 中村吉明・専修大学経済学部教授. 人間のコンピューター化 8. ある調査会社のレポートによると、年から年のiOS( iPhoneやiPad )用App Storeでアプリ課金が世界一だったのは日本だそうです。. シミュレーションの結果として明らかになったのは、次のような内容だった。 (1)年に向けた未来シナリオとして、主に「都市集中型」と「地方分散型」のグループがあり、人口、地域の持続可能性や格差、健康、幸福の観点からは地方分散型の方が望ましい。このまま都市集中型が進むと、日本社会の持続可能性が低くなる。 (2)今から約8~10年後に、都市集中型シナリオと地方分散型シナリオとの分岐が発生し、以降は両シナリオが再び交わることはない。後者への移行を実現するには、環境課税、地域経済を促す再生可能エネルギーの活性化、まちづくりのための地域公共交通機関の充実、地域コミュニティーを支える文化や倫理の伝承、住民・地域社会の資産形成を促す社会保障などの政策が有効である。 (3)約17~20年後に、地方分散型シナリオの中で持続可能性が高いものとそうでないものとの分岐が生じ、前者に導くためにはいくつかの政策対応が重要となる。 研究を進めた私自身にとってもある意味で予想外だったのだが、AIによる日本の未来について今回のシミュレーションが示したのは、日本全体の持続可能性を高めていく上で、「都市集中」——とりわけその象徴としての東京への「一極集中」——か、「地方分散」かという分岐ないし対立軸が、最も本質的な分岐点ないし選択肢であるという内容だった。 この「AIを活用した社会構想と政策提言」については、政府機関や自治体、企業などから多くの問い合わせをいただき、さまざまな共同研究をその後も行っている。. テレビ番組のほとんどが健康番組、テレビショッピング、推理ドラマになっている 2. 東京と沖縄を除くすべての土地価格が大幅に下がる 9. 地球上から砂漠が消える この頃、火星が壮大な実験場になっているが、貧富の格差が広がった世界で市民が火星を憧れることはない。ロケットで旅行するというサービスは破綻する。 年以降は火星の開発と人体のコンピューター化が技術革新の中心になる。脳と人体の働きをデータ化し、個人の人格そのものをデータにする実験が始まる。. See full list on ieei.

労働者は戦争と無縁な世界で平和に生きている 3. 5兆円が生産者へと渡っており、ある程度繋がりがあるものであった。それが今では飲食費の7分の1しか生産者へと渡っていない。社会は大きく変わったのに、生産者は何も変わらなかったのである。 必要なのは、農業と流通・加工そして飲食との連携、すなわち「農と食」の統合・連携である。これまでの農業は、言われたものをつくり、言われた通りの価格で買ってもらい、儲けは気にせずとりあえず先祖伝来のものをするという、製造業で下請け、内職、趣味的な要素が非常に強いものであった。その方法で儲けも出てよかった時代もあったかもしれない。しかし、将来にわたって続けることを考えると、その方法は限界に達しているのである。 「下請け」から「メーカー」になりませんかということである。直接消費者に米・野菜を売る。もち米を出荷するのではなく、もちに加工して売る。つくった農作物を使って農家レストランを経営する。難しいことのよう. では、第3ステップ、つまり年代以降、現在に続く時代はどうか。 希望を込めて言えば、従来の流れとは異なる、新たな萌芽(ほうが)ないし転換の動きが出始めている時期として捉えたい。 まず高齢化の進展が着実に進み、かつ社会的な課題としても認知されるようになったことだ。“遠くのモールに自動車で買い物に行けない”という層が増加し、「買い物難民」問題としても認識され、こうした中で例えば地域の商店街の持つ新たな価値が認知されるようになっている。また人口減少社会への移行の中で、市街地の拡散による「過度な低密度化」の問題が顕在化し、人口増加期とは異なる都市・地域モデルの必要性が徐々に認識されるようになっている。 こうした変化の中で、期待を込めて言えば、国土交通省などの政策の基調にも若干の変化が出始めている(例えば、06年の改正まちづくり3法、14年の「国土のグランドデザイン」における“小さな拠点”の考えなど)。 しかしいわゆるアベノミクスなど、グローバル志向の政策もいまだ根強く、現在は日本の「都市・まち・むら」をめぐる分水嶺(れい)の時代と言えるかもしれない。.

年に上場している会社の9割が倒産している 4. . ドームシアターガイアでは、迫力ある全天周の立体視映像で、科学や宇宙を体験できます。 スライドショーを一時停止 image_dome-theater_main-1. アバター空間 年くらいから体のパーツをコンピューターにする技術が普及し、人間という種そのもののあり方が問われる、かもしれない。 火星に旅行するというサービスは結局破綻します。それは技術的な制約でなく、地球のほうが住み心地がいいというありきたりな動機からです。 しかしそれでも火星の開発は進むでしょう。人口が増えすぎてエネルギーと食料が極端に不足し、ある時点で火星に巨大な発電所と農場を作ることを余儀なくされるためです。これが情報革命以来の産業革命になり、世界経済をけん引することになります。 火星の開発が進む前に、各国は団結して砂漠化を止めるでしょう。これはアフリカの発展を促進し、日本の経済的な地位を下げます。世界的には砂漠をめぐって大きな対立が起きますが、結局は食料不足から協力することになります。 エネルギーと食料を中心に考えると、時代はおおむね次のように発展します。 1. アバター空間が開拓される 5. 芸能人という概念が消えている 4.

· xDiversity(クロス・ダイバーシティ) × 日本科学未来館 vol. 市区町村の合併が進む 日本 に 未来 は ある か 5. 年収の中央値は340万円前後になる なんくるないさーブームが数年続き、中国・台湾から旅行者が年間1,000万人を超える。年、沖縄県の土地価格は年の2倍に。アメリカでサイバーセキュリティー専門の保険会社が生まれ、年に世界最大の保険会社になる。あおりを受けて国内のある保険会社は倒産。 文化 1.

日本 に 未来 は ある か

email: [email protected] - phone:(349) 168-9786 x 9283

ここ は 港町 - ファイター

-> スイッチ 無料 ソフト ダウンロード
-> 銀 と 金 アニメ

日本 に 未来 は ある か - Systems intelligent complex


Sitemap 1

Mac 使い方 本 - ぬかるみ