安国 寺 恵瓊

Add: coqesule55 - Date: 2020-12-16 07:59:08 - Views: 9177 - Clicks: 5144

慶長5年(1600年)関ヶ原合戦において西軍に属した安国寺恵瓊が陣を構えた。 安国寺恵瓊は大内・毛利氏によって滅ぼされた安芸国武田氏の一族とされ、毛利氏に仕えて外交を担当し、毛利氏が秀吉に降ってからは秀吉にも通じて、僧籍にありながら伊予国に六万石の所領を持つ特異な大名であっ. 安国論寺; 興国寺; 国泰寺; 護国寺; 国土安穏寺; 靖国寺; 興禅護国論 「安國」で始まるページの一覧 「安国」で始まるページの一覧. 建仁寺、方丈寺、霊仙寺の再興や、凌雲寺仏殿の安国寺への移築など、僧としてさまざまな功績を残しました。 毛利氏の外交僧となる. 非常によく頑張ってくれたました。.

毛利秀元(もうり-ひでもと)は、1579年11月日に 猿掛城 主・ 穂井田元清 (毛利元清)の長男として生まれました。. 秀吉の書状発見 慎重に領地割譲交渉?. 一休宗純と安国寺恵瓊 昔、アニメで「一休さん」と言う作品がありました主人公の一休は実在の人物で禅僧・一休宗純(がモデル?)だそうですアニメでその一休が修行している寺(お話の主な舞台)が「安国寺」でしたところでNHK大河ドラマや戦国時代劇に関ケ原の合戦の西軍の黒幕の一人.

安國寺(あんこくじ)は沖縄県那覇市首里寒川町に位置する臨済宗妙心寺派の寺院。 基本情報 フリガナ アンコクジ 所在地沖縄県那覇市首里寒川町1-2 電話番号営業時間 9時~18時 休日 年中無休 料金 内容により異なる 駐車場 あり アクセス. 臨済宗の僧で、僧籍のまま大名になった異色の人物。 「安国寺」とは恵瓊が住持した寺の名である。幼名は竹若丸。法名は恵瓊。. 但馬安国寺ドウダンツツジの観光情報 営業期間:開催:年は11月7日(火)から11月19日(日)まで、交通アクセス:(1)豊岡市但東総合支所から車で10分。但馬安国寺ドウダンツツジ周辺情報も充実しています。兵庫の観光情報ならじゃらんn. その3年後. 産経west 産経west. 安国寺恵瓊 - 安芸国安国寺の禅僧、大名。 関連項目.

秀吉は改めて毛利に臣従するように迫ります。 すると、ここでも恵瓊が登場して交渉に当たり、双方の話をまとめます。 で、良いのか悪いのかよくワカンナイんですけど. See full list on reki4. See full list on sengoku-history. . CV:石住昭彦(2)、玄田哲章(Soul) 安国 寺 恵瓊 味方キャラクターの一人。通称・エケイ。 でっぷりとした体格の巨漢で、仏門の身でありながら酒と女と食べ物に目が無い。 端的で喧嘩っ早い性格だが、快活で人懐っこいところもあり不思議と憎めない性格。対照的な性格のマゴイチとはソリが合わずよく喧嘩をしているが、『タクティクス』ではなんやかんやで共闘する機会の多い凸凹コンビとなっている。 専用武器は槍。「宝蔵院流槍術」の使い手を号する。 初期装備の月形十字槍は従来の十字槍とは異なる笹穂の槍身となっている(代わりに石突の部分に十字の装飾が施されている)。 他にも、飛び道具として札を使用したり「南無三」の掛け声とともに結界を張ったりと、僧侶らしい技も使用する。.

西軍について敗れた毛利でしたが、広家の必死の交渉によりなんとか首の皮一枚つながりました。大幅に減封のうえ転封という、当初の約束からは程遠い結果になったものの、毛利宗家は存続できたのです。 が、恵瓊までは守られませんでした。敗れた恵瓊は関ケ原の戦いからおよそ一週間後の9月23日に捕らえられます。家康には自害を勧められましたが、恵瓊は処刑されることを選んだといいます。 10月1日、西軍首脳の石田三成、小西行長らとともに大坂や京の町で引き回され最後は京都六条河原で処刑されて果てました。 信長が討たれることを予言したという恵瓊は先見の明があるといわれましたが、それならばなぜ西軍の大敗は見抜けなかったのでしょうか。秀吉のカリスマ性にほれ込み、豊臣によほどの思い入れがあったのか。恵瓊は広家が反対した時点で、すでに西軍に不利だと悟っていたのではないでしょうか。それでも豊臣を捨てきれず、秀吉への恩に報いたい気持ちが勝ったのかもしれません。. ) 毛利に仕えるといっても、恵瓊の特技はお坊さん。 そこで、槍持って戦うよりは交渉事に勢を出していました。 頭が良くて、お話も上手な恵瓊にはピッタリの任務です。 織田信長と安芸国に逃げ込んで来た足利義昭の仲介役をやったり. 一般に広く知られる安国寺恵瓊の名は、住持した寺 の名に由来する別名であり、禅僧としての名乗りは瑶甫 恵瓊(ようほ えけい)という。 毛利氏 に仕える外交僧として 豊臣(羽柴)秀吉 との交渉窓口となり、 豊臣政権 においては秀吉からも 知行 を.

· 軍師官兵衛如水毛利元就安国寺恵瓊東福寺神社祭り 軍師官兵衛,黒田官兵衛,黒田孝高,豊臣秀吉,秀吉の最後,動画,ムービー,tv. ) その結果. 安国寺恵瓊の「安国寺」はこの寺の名前と言う事です。 開基は行基ともされますが、 足利尊氏 と 足利直義 が設立した安国寺の1つでもあり、安芸・安国寺として武田家の菩提寺にもなったとの事です。. 。 その後恵瓊は京都で修行をし、そこで世話になったお師匠さん(笠雲恵心)が毛利隆元(元就の長男)と仲よし。 これが縁となり、恵瓊は毛利に仕え安芸国に戻って来ます。 (以前は毛利と敵だったけど. 不動院(安国寺)がある牛田から南側の二葉山麓を巡り、JR矢賀駅へと至る10kmほどの道には、神社仏閣や古跡が集中し、「二葉の里、歴史の散歩道」と呼ばれる人気スポットとなっています。二葉山は広島城の鬼門にあたるため、城下町を整備する際には二葉山周辺に多くの寺社が置かれました。また近年は二葉山麓の神社仏閣に七福神像が祀られ、「二葉山麓七福神めぐり」としても知られるようになっています。 安国 寺 恵瓊 ※写真は徳川家康を祀る二葉山麓の広島東照宮. 安芸安国; 宰相殿の空弁当; 文献 河合正治『安国寺恵瓊』吉川弘文館人物叢書、1989年新装版。 isbn; 熱田公『日本の歴史11 天下一統』集英社、1992年4月。isbn; 谷口克広『信長と消えた家臣たち』中央公論新社、年。isbn. 渡邊大門『戦国の交渉人―外交僧・安国寺恵瓊の知られざる生涯―』洋泉社・歴史新書y(年8月5日刊行/定価903円・税込) 目次 はじめに 序章 安国寺恵瓊の出自と周辺 第一章 恵瓊の本格的な活動 第二章 織田信長・足利義昭との関係. 戦国IXA 安国寺恵瓊(No.

安国寺恵瓊 人物 天正元年(1573年)12月12日付児玉三右衛門・山県越前守・井上春忠宛書状で、「信長之代、五年、三年は持たるべく候。明年辺は公家などに成さるべく候かと見及び申候。左候て後、高ころびに、あおのけに. 戦国時代から安土桃山時代にかけての僧侶であり戦国武将。 毛利家に外交僧として仕え、長宗我部家の外交僧でもある非有と共に「一対坊主」と称された。 ちなみに呼称の「安国寺」は自身が住持した安芸安国寺(不動院)から来ているが、他にも東福寺、南禅寺など複数の寺の住持になっている他、建仁寺、方丈寺、霊仙寺といった寺院の再興にも力を注いでいる。. 安国寺恵瓊の家系は、安芸国(広島県)武田氏系の武将一族。 (ご先祖を辿ると甲斐武田と繋がります) でも、安芸武田氏は恵瓊が小さい頃に毛利元就に攻められて滅亡。 (この時、恵瓊のお父さんは自刃) そこで子供の恵瓊は、安芸武田氏の家臣につれられ逃亡して寺に入りました。 そこは安芸国の「安国寺」というお寺. 安国寺恵瓊は、信長の天下の消滅と秀吉の躍進を予言したといいますが、当時織田家の家臣団の仲間入りをしたかしないかの秀吉をそのように評したということは、 当時から秀吉は覇者としての素質があったということなのでしょうか? この恵瓊の予言は毛利輝元より京から退出した足利義昭. 安国 寺 恵瓊 西軍は負けましたよね? 安国 寺 恵瓊 若いころの恵瓊は、信長の没落と秀吉の盛隆を読み通せる眼力がありました。 しかし、関ヶ原に戦いにおいてはその先見性を失っています。 (ちなみに、西軍の敗因の一つに恵瓊と対立していた吉川広家の東軍への内応があります) たぶん、恵瓊は出世したことで人を見る目が曇ってしまったんでしょう。 自意識が過剰になり、物事が公平に見れなくなった. 「信長の野望」(PC)シリーズにおける安国寺恵瓊の能力一覧。 のぶやぼ内では「安芸武田一族・武田信重の子」という設定。他の安芸武田氏の出演頻度が低く、唯一の生き残りになっている事も多い。外交僧らしからぬ野望の高さが実に暗黒寺。蒼天録~天道の義理は15と低く、創造の必要忠誠も14と極めて裏切りやすい。.

2256) ※画像有り・年12月排出停止 ※合成仕様変更に伴いS1、S2の繰り上げ素材の追記年9月追加の極武将 スキル【死生ノ宣告】Lv10の性能と合成テーブルについて ※年9月~年12月上旬まで期間限定排出 ※取引出品は可能成長:攻撃【34】 防御【28】 兵法【2. 恵瓊がこの戦いにおいてしたこととしては、毛利輝元を西軍の総大将として担ぎ出したというものでした。 恵瓊は元々は毛利家に仕え、後に豊臣家に仕えています。その立場も利用し、輝元に出馬を要請し交渉したのです。. あくまでも毛利の一家臣としての位置づけとは思われますが、使僧が大名の仲間入りをするというのは異例のことでした。こうして大名として働く一方で、僧侶としてもしっかり働いていました。毛利の家臣として動くかたわら、同時に東福寺の住持も兼ねていたのです。 この後も毛利の家臣ではありましたが、どちらかというと豊臣に近い存在。ほとんど秀吉の側近として行動するようになります。天正14(1586)年の九州征伐においては6万石に加増されています。以降も安芸安国寺に1万1500石の知行が与えられるなど、秀吉から厚遇を受けました。. その後、秀吉が死ぬと豊臣の中では石田三成と徳川家康が対立を深めます。 恵瓊としては三成の派閥に入ります。 (三成とは個人的に仲がよかったので) そして、いよいよ関ヶ原の戦いへと発展していくのですが、、、 三成では大将を張れる器じゃないので、毛利輝元を西軍大将に引っ張りだしてきました。 (本戦ではロクに戦っいませんが.

秀吉亡き後、恵瓊は石田三成と近しい関係にありました。もともと毛利で豊臣と関係を築いていたのは小早川隆景でしたがすでに亡く、恵瓊はその穴を埋めるようにさらに豊臣との距離を縮めていたのです。 隆景は秀吉に寵愛されており、豊臣政権下の毛利は隆景を中心に回っていた。それがなくなった今、毛利はどうなってしまうのか. 広島市にある牛田の不動院(安国寺)は、行基の開基とも空窓による創建とも伝えられ、その由緒や創建年代については諸説が残る寺。本尊の薬師如来像の様式からは、平安時代には創建されていたのではないかとも言われます。また、ここは室町時代に足利尊氏、直義兄弟が諸国に置いた安国寺の1つであり、「安芸安国寺」と呼ばれて守護、武田氏の菩提寺となり、繁栄を誇ってきました。 戦国時代には武田氏と周防、長門の大内氏との戦乱によって安芸安国寺の伽藍は荒廃。後の時代には安国寺住持の恵瓊(えけい)が毛利氏の外交僧として関白秀吉の信任を得て、秀吉の側近となって活躍しています。安国寺は秀吉から寺領を与えられ、恵瓊は伽藍を復興、金堂、楼門、鐘楼、方丈、塔頭十二院などを整備して安国寺は隆盛を極めました。 しかし、安国寺恵瓊は関ヶ原の戦いで西軍側の首謀者の1人として処刑されてしまいます。その後は安芸に入国した福島正則の祈祷僧、宥珍(ゆうちん)が安国寺の住持となり、その折に禅宗から真言宗へと改められ、不動明王を本尊とした不動院を称しました。その後には浅野氏が広島へと入り、不動院は歴代藩主の保護を受けて明治時代を迎えています。 ※写真は国宝の金堂。建築様式は禅宗様(唐様)とされ、天井の墨書から天文9年(1540年)の造営とされます。原爆による大きな被害も受けず、広島市内に現存する唯一の国宝です。 ※写真は文禄3年(1594年)の造営とされる楼門。この楼門と鐘楼、そして、平安後期の木造薬師如来坐像、高麗期の梵鐘は国の重要文化財とされます. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 安国寺の用語解説 - 岐阜県高山市にある臨済宗の寺。瑞巌和尚が正平2=貞和3(1347)年に建立。諸山(1445),次いで十刹(1449)となる。経蔵は応永15(1408)年の建造で,回転輪蔵をもつものとして最古の遺構。国宝。 20; インタビュー・対談; 信長の死を予言した男 安国寺恵瓊(あんこくじえけい) 文・ 「本の話」編集部 『墨染の鎧 上』 (火坂雅志 著). 毛利は正式の秀吉の傘下に入る事になりました。(恵瓊は秀吉のファンなんです) そこで「いや~よかった!やっぱ恵瓊のヤツ話が分かるなぁ~。うん、気に入った!」 と機嫌を良くした秀吉。 そして、四国を平定すると恵瓊に伊予国(愛媛県)に23000石の所領を与えます。 おお、何とこれは!立派な大名デビューです。 しかも、九州平定後には6万石にまでボリュームアップしてるじゃないですか.

安国寺恵瓊はnhk大河ドラマ「黒田官兵衛」に登場したと聞いた。恵瓊は彦根とも関係があるからどんな風体で描かれているのか興味あるところだ。 夢京橋キャッスルロードの中ほどにある宗安寺は、元は安国寺と称する寺だった。. 安國寺の歴史は、1345年までさかのぼり、光厳上皇の「諸国寺塔毎国各一所」の院宣を受けて、太田氏がその菩提寺とした由緒あるお寺です。 当時の安國寺は、いまの安國寺公園(夏つばきの里)にあり、1717年に火災で焼失しています。. 。恵瓊としては毛利の存続を危惧しての行動であり、毛利に背く気持ちはなかったと思われます。. 文字の大きさ 小 中 大 印刷. そんな日々を過ごしていたのですが、、1582年の事。 ついに、毛利にも織田軍の侵攻が及びます。 軍隊を率いる羽柴秀吉は備中高松城に襲い掛かり、城の周りを湖状態にしました。 前代未聞の度肝を抜く作戦。 これでは、毛利もお手上げです。 そして、秀吉は「早く降参しろよー」と訴えます。 そこで毛利からは恵瓊が交渉にやって来て、秀吉に譲歩をさせる形で和議を結びます。 (秀吉としては、本能寺の変の収集に早く向かいたかったので「話がまとまりゃ何でもOK」だったかも知れませんね。しかも恵瓊と秀吉派は昔から面識があったので話が早い).

ジャンル 武将 / 文化人 出身 安芸国 生年月日 1539年0月0日 没年月日 1600年11月6日 年齢 満61歳没. See full list on dic. その後安国寺恵瓊が住職になり、伽藍は次々に復興され豊臣秀吉公から一万一千五百石を与えられるほどの大寺院となりました。 江戸時代になり広島城主となった福嶋正則の命により禅宗から真言宗に改められ不動院と称するようになりました。. 大友、浦上、足利義昭の講和を取りまとめたり. 。. See full 安国 寺 恵瓊 list on sengoku-his. 安芸武田家の家に生まれた安国寺恵瓊は、毛利家の侵略から逃れるために僧侶になります。 しかし、京都での恩師の縁で毛利に仕える様になり安芸に帰りました。 その後は、毛利家の政僧&武将という形で活躍。 秀吉による毛利討伐でも恵瓊は交渉役として登場します。 これが切っ掛けとなり、恵瓊は秀吉に認められるつつ、利用されながら大名の地位に昇り詰めます。 そして、関ヶ原の合戦では西軍に所属し、、、敗戦の恐怖に心底怯えます。.

南宮山の 毛利秀元陣跡 を詳しくご紹介する前に、毛利秀元と言う戦国武将について触れておきましょう。. 不動院(安国寺)の南、牛田新町の「日通寺」は藩主であった浅野家由来の寺。対岸である白島九軒町の「碇(いかり)神社」は城下で最古の社とされています。そして牛田本町の名刹「安楽寺」から南の二葉の里へと進めば、藩祖の浅野長政を祀る「饒津(にぎつ)神社」や藩内鎮護の祈願寺「明星院」、鬼門鎮守の「鶴羽根神社」などが並びます。 さらに西へと向かえば徳川家康を祀る「広島東照宮」があり、後背の山上にはパワースポットの「金光稲荷神社」が鎮座しています。山根町には平清盛由来の宮である「尾長天満宮」、その傍の「國前寺」は浅野家の菩堤寺となっていて、本堂、庫裏は国の重要文化財とされています。加えて隣の「聖光寺」には浅野家由来の赤穂義士、大石内蔵助父子の供養墓が建ちます。そして最後に、伝説の豪傑として知る人ぞ知る「可児(かに)才蔵」を祀る矢賀の「才蔵寺」などもあり、古い城下町の中で歴史散歩を満喫する事ができます。 尚、「二葉山麓七福神めぐり」は、饒津神社の恵比須天、明星院の毘沙門天、鶴羽根神社の弁財天、広島東照宮の福禄寿、尾長天満宮の寿老人、国前寺の大黒天、聖光寺の布袋尊と、二葉山麓に鎮座する七福神像を巡る人気の縁起ルートとなっています。毎月28日の「ふたばの日」にはボランティアガイドによる無料案内もあり、4つのコースで定期ガイドが行われています。 【参考リンク】二葉の里歴史の散歩道ボランティアガイドの会 定期ガイドご案内. 2256安岡寺恵瓊が2枚ある場合。 2枚合成すれば遁世影武者 B・風狂幻術 Bのどちらかは確実に付けられます。 1枚合成なら失敗が27. 主人公・石田三成の属する西軍の武将で、身長100cmという小柄な体格の僧侶。 仏に仕える身であるため争い事を好まないが、必要とあれば「一蓮托生」の精神で協力を惜しまない。. 3万石(後に6万石)の所領を与えられ、毛利家の外交僧だけど秀吉の側近な僧侶で大名というかなり特異な身分となった。 その後は九州征伐や小田原の役・朝鮮征伐などに兵を率いて従軍し、各地で活躍している。ただ、最前線に立つタイプではなく、後方支援・敵の調略・和睦、降伏交渉・平定後の慰撫など、参謀的なポジションとしての活躍が主であったようだ。 毛利家の中では親秀吉派だった小早川隆景に近かったらしく、豊臣秀吉の死の前後の頃には吉川広家などとは対立関係にあったらしい。関ヶ原の合戦の際には毛利輝元を西軍の総大将として担ぎ上げる事に成功するが、空ベン・トー吉川広家が東軍に味方して動かず、肝心の毛利輝元が大阪城から出なかった事もあり西軍は敗北。京都に逃れていたが捕らえられ、石田三成・小西行長と共に西軍の首謀者として斬首に処された。.

」 そんな風に考えたに違いありません。 でも、それは三成でさえも、その手の欲望はありませんでした。 自らの理念を信じ、武士として最期まで戦った三成。 恵瓊とは同じ方向を見つめていましたが、三成の視線の彼方はもっと遠くを目指していた事でしょう。 戦に敗れ、最期の瞬間を迎えるまでの間、三成は胸を張り堂々とした振る舞いで過ごしています。 しかし、恵瓊は刀の恐怖に怯えて首をすくめていました。 ただ、それって確かに仕方ない事かな?。 普通なら怖くて仕方がないはずですから。 恵瓊は根っからの武将じゃないんですね。 武将と普通の人では生き様が違うんです. 。 お坊さんから武将に転職して来る人って(謙信とか)ボチボチいるんですが、その場合実家がちゃんと武家として存続しているワケです。 でも、恵瓊のところは滅亡してますから、珍しいケースですね。 恵瓊はお坊さんですが一応戦国大名なので、それなりに戦もやっています。 朝鮮出兵にも行ってますしね。 スポンサーリンク. 美術人名辞典 - 安国寺恵瓊の用語解説 - 安土・桃山時代の臨済宗の僧東福寺二百二十四世。安芸生。恵瓊は法諱、道号は瑶甫、号は一任斎・正慶、俗姓武田、幼名竹若丸。安国寺竺雲慧心につき出家、上洛後東福寺に入る。安国寺住持・東福寺退耕庵主を経て、東福寺・南禅寺の住持となる. 立ち回りが裏方関係だったためどうしても腹黒い面がぬぐえない恵瓊だが、毛利家家臣としては一貫して忠誠を貫いているようにも見える。毛利と羽柴の和平交渉の時も、もし和平が決裂した場合は小早川秀包・吉川広家を秀吉家臣として取り立てて欲しいと願ったとされる。また関ヶ原合戦の際も最終的に毛利家は減封処分を受けるものの、首謀者はあくまでも恵瓊とされたので毛利家としては存続している。時勢を見た上で毛利家が断絶しないよう、次善の手を打っていたようにも見える。 どうみても恵瓊びいきです本当にありがとうございました。.

4 10:30 更新 毛利氏側を「大切に扱え」. 天文8年(1539年)に安芸武田氏の一族・武田信重の子として生まれる。幼名は「竹若丸」。 しかし、天文10年(1541年)に毛利元就の攻撃で安芸武田が滅びると、幼い竹若丸は家臣の計らいで脱出し、安芸安国寺に入れられ出家する。 その後、京都東福寺の竺雲恵心の弟子となり、恵心が毛利家と親交があったことが縁となり、毛利家の外交僧となる。 毛利家と豊臣秀吉との交渉窓口として活躍し、後に秀吉の側近として取り立てられ、四国征伐後に伊予国和気郡に2万3,000石の知行を獲得し、九州征伐後はさらに6万石に加増される。 慶長5年(1600年)「関ヶ原の戦い」では西軍に属し、主君・毛利輝元を総大将として担ぎ出すことに成功するが、密かに徳川と内通していた吉川広家により毛利軍の参戦を阻まれ、結局戦闘に参加することなく西軍は敗北。敗戦後は広家に諭され逃亡するが最終的に捕縛され、石田三成らと同じく西軍の首脳格として六条河原で斬首・晒し首に処せられた。. 名称:不動院(安国寺) 住所:広島県広島市東区牛田新町3-4-9 アクセス:広島アストラムライン「不動院前駅」徒歩約2分 駐車場:門前駐車場あり 参考リンク:不動院公式サイト 名称:饒津神社 住所:広島県広島市東区二葉の里2-6-34 アクセス:広島駅新幹線口(北口)徒歩約15分 駐車場:境内駐車場あり 安国 寺 恵瓊 参考リンク:饒津神社公式サイト 名称:広島東照宮 住所:広島県広島市東区二葉の里2-1-18 アクセス:広島駅新幹線口(北口)徒歩約3分 駐車場:境内駐車場あり 参考リンク:広島東照宮公式サイト. Amazonで三宅 孝太郎の安国寺恵瓊―毛利の参謀といわれた智僧 (PHP文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。三宅 安国 寺 恵瓊 孝太郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

. 恵瓊の立場は微妙になって行きます。 続いて慶長3年(1598年)に頼りの主君豊臣秀吉 の死去で、家康の台頭、世の混乱、 後ろ盾の 消滅により、恵瓊は時代の寵児から滑り落ち 始め ます。 ここでわかることは、あくまでも 恵瓊のエネル. 天正元(1573)年7月8日、将軍・足利義昭は信長に京を追放されました。このとき義昭が頼ったのが吉川元春でした。義昭としては毛利に援軍を送ってもらい、京で再起を図りたかったのでしょう。しかし、毛利としては義昭を匿って信長と戦いになることは避けたかった。そこで、毛利は恵瓊を調停工作の使者として送り出します。 上京して会談に参加した際、恵瓊は信長側の使僧と交渉していますが、信長本人と対面する機会があったかどうかは定かではありません。ただ、この上京の折に羽柴秀吉とは対面を果たしています。恵瓊は交渉の経過を文書として報告しているのですが、その中に信長と秀吉について書かれた条があり、これが「恵瓊が本能寺の変を予言した」といわれるゆえんです。 内容はこうです。 「信長之代、五年、三年は持たるべく候。左候て後、高ころびに、あふのけに、ころばれ候づると見え申候。藤吉郎さりとてはの者にて候」 (『吉川家文書』所収、天正元(1573)年12月12日付、山県越前守他一名宛、「安国恵瓊書状」より) つまり、恵瓊の印象では信長の時代はあと5年程度しか続かないだろう、というのです。 「高ころびにあふのけに」というのはかなり印象的な表現。信長はあっという間に転落してしまうだろう、と言っているのです。それに対し、「藤吉郎」すなわち秀吉はなかなかの人物である、と評しています。 実際の本能寺の変はここから9年後なので、ピッタリ予言を的中させたとはいえませんが、恵瓊は織田家中が一枚岩ではなく、危ういことを見越していたのかもしれません。そして、秀吉がその後信長に代わって天下を取る(とはいわないまでも、大物になる)ことを予想していた、とされています。. 安国寺恵瓊の生まれた家はもともと毛利氏と同じ安芸国(現広島県)の安芸武田氏という戦国大名でした。 しかし、毛利氏によって滅ぼされてしまい幼少だった恵瓊は近くのお寺に入る事になりました。. 詳しくはWikipediaの関連記事など参照されたい 生年は1539年説と1541年説があり、また父親についても安芸武田家の一族ともその家臣の子とも言われている。 1541に安芸武田家が毛利元就によって滅ぼされた時、逃げ延びて安芸の安国寺に入り出家した。その後京都で修行したり、あちこちの寺の住持を務めたりと僧侶として順調に出世していたようだ。しかし、京都で修行していたときの師が毛利元就の帰依する僧侶であったため、その関係もあって毛利家に使える外交僧となる。1570年には大友家との和睦を成立させたとあるので、少なくともその頃には毛利家に仕えていたようだ。 そんな恵瓊にとって大きな転機となる、みんな大好き本能寺の変が発生する。毛利家と戦争中だった羽柴秀吉はすぐさま毛利家との和睦を図り、中国大返しと呼ばれる鮮やかな転進でいち早く明智光秀を破った。この時に秀吉と交渉したのも恵瓊である。そして秀吉が天下人として全国統一を進める中、毛利家と豊臣家の講和交渉(事実上臣従の交渉)が行われたが、恵瓊はここでも交渉に当たった。結果、毛利家は豊臣家の軍門に降る事となるのだが、それまでの働きが目に止まったのか秀吉の信任を得、毛利家が正式に秀吉に従った辺りでは毛利家の外交僧としての身分はそのままで秀吉の側近の一人となり、伊予国に2.

大友宗麟と毛利の和議調停を成立させたり. 。 「三成が天下を獲れば、俺もそれに応じてもっと出世できるぞ. 安国寺恵瓊 あんこくじえけい. 「恵瓊の墓」、「武田刑部少輔の墓」、「福島正則の墓」、「豊臣秀吉遺髪塚」をこの頁で取り上げました。 不動院の前身は、南北朝時代、足利尊氏・直義兄弟が諸国に安国寺を建立した折、安芸国ではここに安国寺が置かれ、銀山城主武田氏の保護のもと.

安国 寺 恵瓊

email: [email protected] - phone:(297) 840-2361 x 1550

働く ママ の 時間 術 - アレンジ

-> いや だ いや だ
-> 日本 の 道 100 選

安国 寺 恵瓊 -


Sitemap 3

Imagen publica -